ムー(レムリア)・アトランティス各文明は1万年以上前に実在したのだろうか?

表示: 6763

これに返信

このディスカッションに返信

画像はThe Lost Continent of Muより転載。

聖徳太子の地球儀(しょうとくたいしのちきゅうぎ)は、兵庫県太子町の斑鳩寺に伝わるソフトボール大の地球儀のこと。2003年3 月に放映された日本テレビの『特命リサーチ200X』で、材質などの科学的な分析が行われた。分析結果により材質は石灰や海藻糊であることがわかった。建材としてよく知られている漆喰の技法で造られた可能性が高い。地球儀の表面には「墨瓦臘泥加(メガラニカ)」という文字が書かれていることも判明した。「墨瓦臘泥加(メガラニカ)」とは、南半球に存在すると考えられていた想像上の大陸である。 南半球に巨大な大陸があるという説は、古くは2世紀ギリシャのプトレマイオスの地図に見られる。大航海時代にマゼランが、マゼラン海峡を発見した際に、現在のティエラ・デル・フェゴ島を幻の南方大陸の一部として報告したことから、メガラニカ大陸の名称が広まった。メガラニカとはマゼランのスペイン名にちなんで付けられた名称である。一般的には“未知の南方大陸”として知られている(伝説上の大陸)。
聖徳太子の地球儀 - Wikipedia

 【大紀元日本3月8日】インド奥地の密林の中の洞窟で不思議な壁画が発見された。ドイツのビルト紙によると、この壁画はつい最近人類学者がインド中央の山奥の洞窟で発見したもので、宇宙服を着た人型の生物がはっきりと描かれている。この他にも飛んでいる皿状の物体や螺旋状の物体も描かれており、宇宙人がどのように地球にやってきたのかを伝えているのではないかと想像させられる。
古代壁画に描かれた宇宙人とUFO=インド
ヴィマナ(vimana)とは、古代インド最古の古典「リグ・ヴェーダ」叙事詩(ヴェーダの各スムリティ、特に『ラーマーヤナ』など)および叙事詩「マハーバーラタ」(バラータ族の戦争叙事詩の意味)に登場する、自在に空を飛ぶ乗り物のことである。
ヴィマナ
古代核戦争説(こだいかくせんそうせつ)とは、有史以前の地球に近代人の知らない超古代文明が栄えていたが、核戦争により滅亡したとする説。または、四大文明および同時代の文明が核戦争により滅亡したという説。
古代核戦争説

SYMBOLS RELATING TO MU

紀元25年ごろ近畿地方にマレビトとして入り込み、日本国を作ったニギハヤヒは40年ごろまで、近畿地方一帯を統一し、日本国の安定政権を作るのに努力をした。
 唐古・鍵遺跡の中心と考えられる祭祀遺構に鶏と考えられる土製品があり,この地から冬至の日に三輪山の山頂から昇ってくる朝日を見ることができる。このことは,当時の人々が,冬至の日に出てくる太陽を崇めていたことを意味する。そして,唐古・鍵遺跡が巨大化し始めたのが,ニギハヤヒが入ってきた中期末頃と判断されていることから考えて,ニギハヤヒは,農耕のための暦も広めたのではないかと判断する。
 この当時、国家を平和的に維持するには、農業特に稲作は重要な要素である。スサノオから受け継いだ方法により、大和盆地で稲作をするための作業をする時期を日の出の方向から判断できるようにした。この当時一年で一番重要な日は、冬至の日であった。一年で一番太陽が南から昇り、この日を境に太陽が復活するのである。ニギハヤヒは三角形の山頂から太陽が昇ってくる姿が好きだったようで、冬至の日に三輪山山頂から太陽が昇ってくる位置に唐古・鍵の小さな集落があった。ニギハヤヒはこの位置に祭礼施設を作り、ここを中心として祭礼を行い、それを元に、農業を行った。このとき、ニギハヤヒは三輪山の形(三角形)を日本国のシンボルとして、いろいろな祭器に刻み込ませた。これが、鋸歯紋の始まりである。
http://www.geocities.jp/mb1527/N3-12nigihayahinosi.htm
「竹内文書」は、謎のヒヒイロカネと呼ばれる金属で造られた神宝類を含む4000点にも及ぶ古文書群であるとされる。「竹内文書」の中の神名天皇名宝巻(かみのみなすめらみことなたからのまき)の系図によると

天神七代 宇宙天地万物創造の時代

天神第一代元無極躰主王(もとふみくらいぬしのお)大御神
天神第六代国万造主(くによろずつくりぬし)大神
上古二十五代 「天浮舟」で世界をかけめぐったスメラミコト時代
皇統第 3代 天日豊本黄人皇主天皇の時代(第1回大天変地異)
皇統第 4代 天之御中主天皇の時代(第2回大天変地異 500万年前 ムー大陸最初の陥没)
皇統第14代 国常立天皇の時代(第3回大天変地異)
皇統第21代伊邪那岐天皇の時代(第4回大天変地異)
皇統第22代天疎日向津比売天皇(天照皇大神)の時代(第5回大天変地異 20万年前?)
不合朝七十三代


スメラミコトの世界統治が揺らぐ時代

皇統26代(不合初代)武鵜草葦不合(たけうがやうきあえず)天皇
太古に天神第5代天一天柱主大神を祀ったとされる天柱石。下に祭祀跡が残る 不合69代 神足別豊耡天皇の時代(第6回大天変地異・前1500年頃ノアの洪水)
神倭朝


日本の天皇の時代

不合73代(神倭初代)神日本磐余彦天皇(神武天皇)

となる。
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/9857ba3c655de2a33d4ef6d80f18034a

ディスカッションに返答する

RSS

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約