表示: 544

これに返信

このディスカッションに返信

お答えします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なぜ、みなさんと、ジョイントされないのでしょうか?

みんなで、ひとつになって、宇宙人をむかえるんじぇないんでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PFCJはコブラの呼び掛けにこたえて2013年の秋に結成されました。

当時は「奴隷解放前線」と称する人物が組織を主宰していたようです。私たちGFLJは公式コンタクトを早期に実現する必要があると考えてオープンコンタクト2013のイベントを10月13日から開始しました。

奴隷解放前線は、この時にGFLJの活動を「非現実的な妄想」と誹謗中傷して妨害と組織の分裂を企てました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奴隷解放前線へ:アセンション以前の社会常識の欠如を疑う

銀河連邦日本、銀河連邦新日本の管理者へ、 あなたたちは創造主に試されているのだよ。あなたたちがどのように考え、感じ、表現し、みんなのためになっているかどうかを試されているのだよ。 非現実的な表現をしてよいとおもっているのであれば、それでいいです。あなたに賛同している人が1人1人消えていきますよ。 批判する表現をしてよいと思っているのであれば、それでいいです。あなたに賛同している人が1人1人消えていきますよ。 管理者がこんなことをして、創造主、宇宙ファミリー、私たちは喜ぶのでしょうか? 今なら間にあいます。 管理者はサイトのトップに次を表現してお詫びをし、和解してください。 銀河連邦日本・・・「非現実な表現を間違っておりました。申し訳ありません。銀河連邦新日本と和解し、PFCを主体として推進して参ります」 銀河連邦新日本・・・「銀河連邦日本を批判する表現を間違っておりました。申し訳ありません。銀河連邦日本と和解し、PFCを主体として推進して参ります」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この後、PFCJは「コブラの情報に疑義が生じた」としてコブラの活動とは独立した活動に移行しました。また、その前後に「銀河連邦”新”日本」のメンバーがメールリンクで不能な議論を展開して組織を混乱させた模様です。奴隷解放前線はその後姿をくらまして、その経過をPFCJは一切報告していません。私たち銀河連邦日本と「新」日本の関係についてはまた改めて説明します。

最終結論として・・

① 銀河連邦日本(GFLJ)とPFCJはそれぞれ独立した組織として別個に活動を行う。

② 連携できる活動については共同する可能性を残す。

③ メンバーが両方に属して活動することを拒むことはない。

(この返信を公開します)

では・・☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かにPFCJAPANは知名度もあがり(私も応援しましたし、応援しています)ました。

しかし、何か違和感を覚えます。

PFCJAPANが盛り上がることと宇宙人が宇宙を開放することとは、別なんじゃないでしょうか?

PFCJAPANを見ていて、グループによる活動の限界を感じるんです。

それで、どうしたらいいのかはわからないのですが。。。。。

銀河連邦JAPANの存在価値は?

銀河連邦新日本は目指すところが少し違う(あくまで私の個人的考えです)気がしますし。。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お答えします。

銀河連邦日本(GFLJ)は、銀河連邦の承認を受けて公式コンタクトを実現するために活動する日本唯一の団体です。2010年8月1日に結成されて、日本で初めてのオープンコンタクト活動を5日にわたって実施して成功を収めてきました。

<2010年オープンコンタクト>

1 8月1日 千葉県鋸山活動報告

2 9月5日 静岡県美保松原活動報告

3 10月3日 ①千葉(有吉神社)②新潟(弥彦神社)③奈良(三輪山)活動報告) 

4 11月7日 愛知県石巻山活動報告

5 12月5日 静岡県天竜川活動報告

2013年の10月13日からオープンコンタクト活動を再開して3回のイベントを成功させて、銀河連邦の正規メンバーに組み込まれて現在に至っています。

2013年オープンコンタクト

① 10・13美保の松原オープンコンタクト報告1報告2

② 11・16金華山オープンコンタクト報告

③ 12・21登呂遺跡オープンコンタクト報告

銀河連邦「新」日本は銀河連邦の承認を受けずに銀河連邦を無断で名乗って、銀河連邦日本の活動を妨害し続けてきた工作団体で、主催者の坂田丈夫(犯罪者と認定するため敬称を省く)は、銀河連邦日本に再三にわたって入退会を繰り返しては組織の分裂と混乱を画策してきた工作員です。詳しくは以下のディスカッションを参照ください。

銀河連邦新日本の目的は何か?

 

現在の日本と世界には多くのコンタクト団体が活動を進めていますが、安易な「合流」は避けるべきだと考えます。それぞれに活動の経過やアプローチ(目的の実現方法)が異なるために、連携や共同する上での合意形成のプロセスを慎重に経る必要があると考えるためです。

私たち銀河連邦日本(GFLJ)はこれからも、銀河連邦の正規メンバーとして活動する日本唯一のグループであることを自覚して、その栄誉を汚すことのないよう、これからも一層の活動の充実を図っていきたいと考えています。具体的な取り組みについては、ぜひメンバールームにアイデアをお寄せください。

(この返信を公開します)

では・・☆F★

返信が遅くなり大変失礼致しました。

今日、ネットで偶然、私が申し上げた失礼な言葉がタイトルになっている記事を目に致しました。当時は、スピリチュアルに出会って間もなくのことで暗中模索しておりました。何も存じ上げなかったとは言え、質問の仕方に大変失礼があったと反省を致しました。私の質問を公開されたことにより古谷様からの丁寧なご回答を読んだ方々がいきさつを知る機会となったことは良かったと受け止めております。しかし記事の「PFCjapanは充実していますね」というタイトルは古谷様はじめ銀河連邦日本を辱めており失言ですのでどうか削除をお願い致します。重ね重ね大変失礼いたしました。この場をお借りしてお詫びいたします。

 

あまり気にしないでください。思っていることを何でも自由に言えることは、大切だと思っています。

高次元ではテレパシーが交流の基本ですから、言葉尻にとらわれて争いが耐えない古い地球の社会生活はもう終わるでしょう。

ディスカッションに返答する

RSS

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約