日本政府・マスコミが国民に真相を知らせずに、事態の危険性を隠しています。原子力発電所がメルトダウン:ミニ核爆発を起こした場合、首都圏の住民はパニックとなり、いっそうの災害拡大を招く恐れがあります。これからの活動の進め方についてご意見をお寄せください。

表示: 8881

これに返信

このディスカッションに返信

知らない間に被爆してしまう 汚染米の恐怖 (とある原発の溶融貫通(メルトスルー)) 

 

阿修羅の記事を見ると、大手『イオン』系列の店で、汚染米を売っているのか?以前にも、レトルトのご飯パックの米に、福島の汚染米を使っているという記事があった。また、汚染米。イオンでは、食品を買わないほうがいい。こんなところで食品買ったら、命に関わる・・・

泊・川内・志賀3原発、再稼働候補に 伊方に追加 :

①日本経済新聞

 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG1600U_W2A610C1MM8000/

ここは、会員に登録しないと、全部読めません。

 

http://d.hatena.ne.jp/rararapocari/20120617/nikkei

 

経済産業省原子力安全・保安院は3つの原子力発電所ストレステスト(耐性調査)結果の審査を8月までに終える方針を固めた。北海道電力泊原発北海道)、九州電力川内原発鹿児島県)、北陸電力志賀原発石川県)の5基で、審査済みの四国電力伊方原発愛媛県)とともに、再稼働の有力候補になる。16日に再稼働が決まった関西電力大飯原発福井県)の次に向けた具体的作業が動き出す。

泊・川内・志賀3原発、再稼働候補に 伊方に追加  :日本経済新聞

放射能の怖さ、そして原発の現場で働く方々のこと。

 

6シーベルトは、ほぼ致死レベルに近い。

 

載せさせてもらいます。

これは酷い(ショッキングな画像、注意!)

 

被ばくというのがどれほど恐ろしいか、多くの人に知って欲しい・・

・被ばくの程度が酷ければ、新しい皮膚が作られなくなる。

 

国家権力が次々に消しているというyoutube:

 

国家権力が、テレビ朝日に猛烈な圧力をかけ、youtube から、映像が次々に消されているようですが、ここでなら見られますよ。

古舘さんのニュースのほうにも、猛烈な圧力をけている・・・

野田総理も最低だが、裏に潜む支配者は、この人を使い次の総理を用意しているのではないだろうか?

 

用心しよう。

最悪の人の次、良さそうな人を見せられたら、人々はどう動くだろうか?

 

・・・・そんな気もする。

http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/56736101.html

原発の裏に「新幹線」あり!

ACTA協定の危険性。

 

TPPと並んで危険な協定で、闇の者の支配を容易にする悪法。

個人の発言の自由すら、なくなってしまうのである。

 

外国の政府が突然、あなたのサイトを閉鎖できるACTA

 

 

意外と知られてなかったようなので拡散。

「再稼働反対」叫ぶ20万人の洪水 機動隊車両が官邸突入防ぐ。

 

http://tanakaryusaku.jp/2012/06/0004591

 

 

 国会議員も入れ替わり立ち替わり官邸に向かって演説した。消費税率引上げ法案に反対票を投じた議員ばかりである。「最後の最後まで諦めてはなりません。(大飯原発が再起動する)7月1日まではまだ時間があります」。こう呼びかけたのは三宅雪子衆院議員(民主党)だ。

    ↓

もう時間はない。

 

畏友・田中龍作氏の大飯現地レポート第二弾アップ!第一弾最後の文章に落涙

 

雨で体温が奪われる。幼な子を抱いた母親は警察官に詰め寄った。

「あなたたちに人間の心はないのですか?」

「子供たちの未来がなくなるのですよ」

ACTAは危険な法案!2chもツイッターも全部閉鎖、インターネット終焉の危機!恐怖の情報統制・監視社会が実現-日本政府の暴走を止めろ!


http://www.news-us.jp/article/267070972.html

 

しかし、このACTAは、大変凶悪な法案です。
それはある意味、人権侵害救済法案をも凌ぎます。
このACTAが施行されたその日から、国民の大多数が”違法行為”に手を染めた犯罪者となるのです。

 

ACTAが欧州の国際取引委員会において否決されたようです。
非常に良い流れです。

ステータスにも書いた通り、大飯デモ関連のツイートを見てて憎しみに駆られる危険性が出てきた為、画面を閉じて情報拡散を断念しました。
強すぎる感受性が悪い方向に出てしまったみたいです。

エネルギーを大量に消耗してしまった為、アメリカの大量逮捕が日本に流れて来るまでの間エネルギー消耗を控え、充電を行う方針です。
集団瞑想への参加にしても、コンディションに大きく左右されるため、最近は上手く行ってないのが実情です・・・。

ディスカッションに返答する

RSS

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約