日本政府・マスコミが国民に真相を知らせずに、事態の危険性を隠しています。原子力発電所がメルトダウン:ミニ核爆発を起こした場合、首都圏の住民はパニックとなり、いっそうの災害拡大を招く恐れがあります。これからの活動の進め方についてご意見をお寄せください。

表示: 8820

これに返信

このディスカッションに返信

龍聖さん

沢山の情報と提案ありがとうございます。

 

もう、福島に限らずすべての原発を『廃炉』にして、フリーエネルギーを全面導入するしかないですね。

これまで通用してきた旧態依然のシステムが、地球の自浄作用により『音を立てて』崩れ始めいるのですから。

時間とお金が掛かる選択は『それは違うよ!』と、地球が教えてくれているのです。

これに加えて『人類の選択』も迫られている・・地球と共にアセンションするか否か!

日本人の霊的確性次第で、今後はどうにでも転ぶでしょう。

福島原発廃炉の緊急署名↓↓↓

http://www.labornetjp.org/news/2011/1300631529888staff01

ヘイジさんよりの情報です。

郡山市長が動いています。

浜岡もそうですが、全国の原発を『廃炉』にしましょう!

ダルタニアスさん ありがとうございます。

署名致しました。

mixiにて、わたしも発信致します。(^▽^)

http://www.nga.gr.jp/inquiry/index.html  全国知事会

 

http://www.geocities.co.jp/genpatusinsai/ 『原発震災』を防ぐ全国署名

 

http://www.pref.miyagi.jp/gyokei/gyokei-ser/ippitu/ippitu.htm 宮城県・知事への提案

 

追記です。

 

原発国民投票目指し議連発足

7月21日 20時45分 
東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、民主党の有志の国会議員は、21日、原発の是非を問う国民投票を実現させるための議員連盟を発足させ、今後、具体的な検討を進めていくことになりました。

ことし3月の東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、櫻井財務副大臣ら民主党の有志の国会議員は、国民の原発への関心が高まっているなどとして、今後の原子力政策の進め方は、国民投票で決めるべきだと党内で呼びかけてきました。そして21日、櫻井副大臣らおよそ20人の民主党の衆参両院の国会議員が、国会内で会合を開き、原発の是非を問う国民投票を実現させるための議員連盟を発足させました。

会合の中で出席者からは、「原発を政争の具にすべきではなく、国民投票で原発の是非を問うのが理想的だ」という意見が出された一方で、「国民投票を行う時期については慎重な検討が必要だ」といった指摘も出されました。議員連盟では、今後、月に2回のペースで会合を開き、原発の是非を問う国民投票の実現に向けて、具体的な検討を進めていくことにしています。

脱原発国民投票が現実味を帯びて来た

民主党の小沢一郎元代表は27日夜、若手議員12人と都内の居酒屋で会食し、菅直人首相の退陣について「今国会で決着をつけなければならない。民主党議員一人一人が決断しなければならないときが必ずくる。お盆がひとつの大きなターニングポイントになる」と語り、決起を促した。

小沢氏「今国会で決着を」「お盆がターニングポイント」 (産経ニュース)

新党市民静岡 設立責任者 古谷 守様

新党結成おめでとう御座います

 

古谷様のお心は大変な責任を負われたのですネ

この語文を拝読いたしまして 一番最初に感じました事があります 

その事を書きたくて メール致しました

 

それは 日本のスピリチュアルの人間たちがここに集結する!!

スピリチュアルな能力を持つ誰でもが 望んで集結をすることになると思ってしまいます

 

大変なことになるのが感じられます

宇宙知的生命体の皆様にお会いできるんですね!!

日本国の神々の祝福を見ることになるんだな~古谷さんの満面の笑顔が見えるようです

アセンションが小さく見えました

心からの祝福をお書き申し上げます

心からのご成功を心よりお祈り申し上げます

 

古谷守様 税金の滞納金 または延滞金について 改革必要の気持ちを書きました

読んでいただけたら 嬉しいです

 

私は以前 役場の税金の責任者に 呼びつけられました 

「死んだ子供の町民税が 滞納しています。」との事でした

私はこの事を以前からよく知っていました しかし収めませんでした 役場の方は滞納金

がこんなに増えましたと お話をされて 請求書を見せてくれました 

 

私は公務員の特権について 不信感を持っていました 一人一人の公務員に個別の特権を利用できる この事を知っていました 私は「町民税の徴収に際しての 規約内容を書いた 書類を見せて下さいと反発を致しました もっとお話を致しました この内容を公に致しますので 貴方(すなわち税金徴収の責任者の名前 町長の印)を戴きたい とお話し致しました ここで私の言いたい事は このお金の流れを 言いたいのです

 

要するにお金の流れを変えて 自分のお金に出来ます 「付け替え」をするのです

もっと言えば 国庫に納めるお金を 勘定科目「事務所費」に出来るのです この仕事は税務署の仕事です しかし近年 各役場において 勘定科目「事務所費」が問題になっています この事を無くすために 私は第一歩のお話をしたのです

古谷様 「滞納金 延滞金」は準備できないで困っている納税者を 楽にしません また

私はこの事務の責任者を一時期 行っていました 一企業でのお話ですが「領収書と現金が毎月違う事は 税務署でも了解済みなのです 親会社などの会計監査でも 問題に致しません

 

「滞納金 延滞金を根絶して戴きたいのです」

 

有り難うございました

現在の税制度全体の見直しが必要ですね。その多くは隠れた国民収奪システムです。

twitterのENENEWSで見つけた記事です。

翻訳サイトで翻訳して、だいたい意味が通じるように訳しました。

私の英語力は、そのぐらいです。

 

訳文

 

--------------------------------------------

 

児玉教授、日本の衆議院で証言しました。

彼は東京大学のRadioisotopeセンターの代表です。

 

(福島原発事故のことです)

 

それで、Radioisotopeセンターでの知識ベースを使用して、私たちは計算しました。

 熱出力に基づいて、それは、広島の上に落とされた核爆弾によってリリースされた量の29.6倍です。

 ウラン当量では、それは20個の広島爆弾と同じです。

 

被爆で広島の原爆の20個相当ということです。

 

その以上に畏怖させるのは、核爆弾からの放射が1年後に1/1000まで減少しますが、

原子力発電所からの放射線が1/10まで減少するだけであるということです。

 

言い換えれば、チェルノブイリ、福島原発がちょうど何十個もの核爆弾に同等な放射性物質を放出したように、

私たちが始めからそのことを認識するべきであり、結果として起こる汚染は核爆弾よりはるかに悪いことです。

 

私たちが5月に現場に行ったとき、私が以前言ったように、1台のgeigerカウンタしか

南相馬市にありませんでした。

 事実上、米国軍によって提供された20個のカウンターのみでした。

 しかし、都市の教育委員会の人はだれも、私たちがそこに行くまで英語のマニュアルを

理解できて、さらに使用する方法などのことを彼らに教えれませんでした。

どうして、そんなことになるのでしょうか?

 

食品監視に関して、半導体検出器などのゲルマニウムカウンタより高度な測定装置があります。

 日本の政府はなぜ支援にお金を使わないか。

なぜ、これらの開発の意思決定をしないのか?

 

「3カ月後でも政府は、なにもそのようなこともしていません、そして、私は怒りで震えています。」

 

小渕さんが首相1998であった時から、私は内閣府の抗体医薬を担当しています。

 私たちは、癌を治療するためにラジオアイソトープを抗体医薬につけます。

 

したがって、私の最大の関心は内部の放射線被曝です。

言い換えれば、私の仕事が人体の放射性同位元素(放射能)の防御であり、

それは、私が情熱的に研究していることです。

内部の放射の最も大きい問題は癌です。

 癌はどのように起こりますか? 放射がDNA鎖を切るのです。

 

---------------------------------------------

 

福島原発事故の事故で、本当に注意すべきは内部被爆です。

福島原発事故は、広島原発の約20個分の被爆に相当するということです。

 

これほどまでに大変なことなのです。

 

事故でなくても(通常運転でも)、低レベルの放射能汚染を、ずっと浴び続けることになるのです。

国はこのことを明かしていません。

これで、人々の生活は?健康は、どうなるのでしょう?

 

内部被爆の及ぼすものは、癌だけではないでしょう

 

国と東電は、福島原発事故を収束も出来ず、大切なことを隠し続けてるのです。

私たちは、もっと原発の危険性を知らなければなりません。

 

原発は、電気以外は最悪ともいうべき毒しか生みません。

国土も人命も、汚染しているのです。

 

原発は、全廃止すべきです。

残してはいけないものです。

ディスカッションに返答する

RSS

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約