2016/10/25 本日フォーラムへの参加を承認して頂きました。ありがとうございます!

長い間 自分が生きて来たこの世界に馴染めず、またこの現実に何かつかみどころのない感じを抱き続けておりましたが、「この世界は殆どプロパガンダで出来てるのではないか?」と思い当たったときからリアルな感覚を取り戻し始めて来たように感じています。

今回、参加を希望させていただいた動機は「真実の中で無理なく無駄なく愛による数多の生命たちと共に調和の中で生きて行きたい。だからもっと真実を知りたい」という想いからでした。

いま漠然と感じていることを明記しておきます。

目で見る事も耳で聞くことも触れる事もできないような この宇宙空間をも内在するような全存在が一つの大きな生命であって、その中に含まれる物質世界の自分も他の人達も動植物や星や鉱物も自分が感知できない諸々の事柄も全てがその大きな生命が織りなすある種の個性的な「相」であって、だからこそお互いが調和の関係を健やかに保って発展していくことが望ましい姿なのではなかろうかと考えています。

 こんな考え方を今までの友人に伝えてみても あまり共感・共有してもらえることがなかったのですが、このフォーラムに集まる方々でしたら色々なお話をして頂けるのではないだろうかと期待して参加させていただきました。

みなさま どうぞよろしくお願いします。

表示: 98

これに返信

このディスカッションに返信

リアクションありがとうございます。 UFOという単語をSSと表記するルール 認識しました。

エキストラさんがおっしゃる『この手の話題は地球上のあらゆる事柄、事象、現象に密接につながっているのです』というご発言に物凄く共感しました。私も全く同じ意見です。

 いま自分が暮らしているこの世界って、例えて言うなら一つの大きな「海」で その中で起こる事柄や事象や現象や私達一人一人の人間や全ての生命・全ての物質などはその海を行きかう「波」のようなものだと思えます。

全ては繋がって関連し合っていると思えます。

ネットで収集した情報を頭の中で統合すると、今現在の地球と私たち地球人はその在り方を大きく転換する分岐点に立っているように思います。数千年に及び人類を支配して来た邪悪な宇宙人達から私たち地球人を解放しようと手助け下さっている友好的な宇宙人の方々が居て、その状況下で人類が自分たちの意向を示す時が来ていると感じています。

こんな話を普通の人に話すと「頭大丈夫ですか?」と心配されてしまいそうですが私自身は現実感を持ってこの危機感を感じてます。

 そしてこの人類にとっての歴史的な転換期に生を受けて産まれて来たことに感謝しています。人類の一員としてこの転換点に立てることに喜びを感じています。

この手の話は一般的に「オカルト」という、何か怪しい印象を含んだ忌まわしいカテゴリーに分類されてしまうのでしょうけど そう感じてしまう価値観も邪悪な宇宙人たちが人類に植え付けた虚偽のプロパガンダなんだろうなと考えてます。

今自分が抱えてる個人的な課題は「うまく祈ることが出来ない」と「人とよりよく調和的に接する方法がよくわからない」という二点です。

 もし何かアドバイス頂けるようでしたら幸いです。もちろんどなた様からでも有難いです。

よろしくお願いいたします。

アドバイスありがとうございます。

「祈る」という行為を「想像する」という方法で行う事はすごく身近で気軽な気分でやれそうですね。

やってみます。ありがとうございます。

 私の感覚的な認識なのですが、この世界は「物質こそが現実」といったような物質的側面に価値を偏重させた考え方が一般的には主流だと理解しつつも、実際には物質よりも「意思」や「想い」や「願い」といったような魂の活動の方が物質よりもより「現実」なのではなかろうかと考えています。

逆にそう考えないと、物質こそが現実としてしまった時に自分にも他の人達にも確かに備わっている「意思」や「感情」や「感覚」が実在する事に対して合理的で納得がいく説明がつかないのです。

 この考え方に立って「祈る」という行為や「想像する」という行為で魂の意向を明確にする事が、意思で物質世界をコントロールするという意味でとても重要だと認識しています。

 ただ、今の自分ではきちんと鮮明に想いを描くことが上手くできないんですよね・・・ 下手くそなんです,,,,

アドバイス頂いた通りに「想像する」方法で練習を兼ねて想いを描いてみます。ありがとうございます。

>『私は必要最小限の言葉と行動でそれを乗り越えようと努力しました』

この方針いいですね! 私も真似させていただきます!

こうやって会話を交わすだけで魂が少し成長したような気がします。すごくエキサイティングです。

ディスカッションに返答する

RSS

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約