夢について語るお部屋

夢に関する話題について、何かシェアしたいと思ったら

どんなことでも、どんなタイミングでも、自由に記述できる フォーラムです。

 

夢の断片でも、夢についての雑談、夢についての豆知識など

お気軽にどうぞ。

※ここでの夢とは、寝ているときに見る夢のことです。

表示: 710

これに返信

このディスカッションに返信

夢についてのフォーラムを作ってみました。

簡単な夢日記みたいな感じで使ってもらって構いません。

UFOであるとか宇宙人であるとか、勿論それ以外の夢も

記述することで、何か発見があるかもしれません。

自分の夢について後で分かることもあるだろうし、他の人の

夢との関連なども見つかるかも知れません。

夢というのも、宇宙文明的な存在との一つのコンタクト方法と

いってもいいと個人的には思っています。

この場で、沢山の人が夢を大事にすることで、相乗効果が生まれることを期待します。

『石で造られた階段に、プラスチックみたいなもので出来た小さな白い粒状の

ものが沢山落ちていて、それを掃除している。』

長い夢をみていた気がするのですが、憶えているのはその場面ぐらいで

他は忘れてしまいました。

 

 

『夜空に花火の様な現象がおきているのを見ながら 楽しんでいる』

ストーリーのある夢だったのですが、忘れてしまって

唯一印象にのこったシーンが、その花火が上がっている様な場面です。

夢をメモる暇もなく忘れていくなぁ。

『ほっとけばどんどん大きくなっていく球体を、掃討するチームの

一員として奮闘。アクションシーンパートあり、群像劇パートがあり』

久々に映画みたいな面白い夢をみて満足。ストーリーは既に忘れてしまったけど

舞台は、地球のようで地球のようではない感じだった。

『青のチェック柄の服を着る。何かミッションをこなしている。 明石家さんま。』

ストーリーが記憶に残らなかったので訳がわからない。

青は好きな色だけど、真っ青な服は着たことないのに、

何故着ていたのか、そこが印象に残った。

『ソフトボール大会に参加、ふと気がつくと人が少なくなっている。』

ちょっと嫌な感じの夢だった。あと、『バラエティ番組かなんかで、 見知らぬ素人女性二人がパワフルに歌っている』

場面もみた、 ソフト大会との関連は忘却。

『善と思われている企業が、実は悪の組織である証明となる品(なぜか傘)を入手。

追っかけられる。 知らない民家に匿ってもらうが、悪人連中が公務員に成り済まして、民家に入ってくる。』

久々にスリリングな夢をみた。追っかけられる夢はいつもリアル過ぎて、

実際に心拍が上がってしまい途中で目が覚めてしまう。で、起きた後もドキドキで眠れない、

といういつものパターンでちょっと辛い。でも、映画がみたいで面白い。

あと『柳葉敏郎』も登場した。

『自転車の前かごに子猫と親猫、後ろの荷台に小さな牛を載せて

山の中の小道や街中を通りながら自宅へ帰る。季節は夏で、猫に早く水を

飲ませなくてはと思っている。』

『何故か引越しの準備をしている。スーツ姿の男が入ってきて荷物を

運び出そうとしている。』

これらの場面をみる前に、『過去のトラウマ絡みと思われるその1』をみて

途中で起きてその後なかなか寝付けなかったりで、浅い眠り。その為か

ちょっと鮮明な夢を幾つか見ることが出来た。

私の場合、頻繁にみる嫌な夢が2パターンあり(トラウマ化しているな)、これまでも

夢日記を始めたことは沢山あるが、いつもこの夢を見る度にやめてしまう。

まぁでもこの夢をみる頻度などをメモりたいので続けるかな。出現パターンを 見つけられるかもしれないし。

『小学校の教室みたいな所で授業を受けている、なぜかお酒を飲みながら。

隣にいた俳優の生瀬勝久と皆川猿時が机を付けてきて一緒にお酒を飲む。

場面が大学の物理の教室へと変わる、法則を発明した学者の面白エピソードの

話を熱心に聞いている。』

楽しい夢だった。

『父の耳が聞こえなくなり、慌てている。』 という場面の夢の途中で目が覚めるが、夢の中で

心配したせいかしばらく腹痛。

しばらくして二度寝して

『イルカのジャンプをビニール製の小さいプールでやっている。

大きなシャチが飛び出してきて驚いている。』 という場面。

『株のトレーディングセンターみたいな所でグラフをみている。

場面が変わり、資産家宅で潜入捜査みたいなことをしている。

そこでもグラフが鍵』

小学校時代の友人がグラフ読みの達人として登場。

ひさしぶりに見た(夢でだが)。元気だろうか。

『武士の時代にいて、城の屋根に登って瓦を並び替えている。城の中で上司が

女性に暴力を振るい始めたので、中に入って取り押さえる。

瓦を使った防御が不完全な隙をつかれて敵が攻め入ってくる。戦う。勝つ。

が、一番偉い人に呼び出され、瓦の件で責められるが、上司の件をどうやったら 穏便に出来るか思案している。』

 

ここで目が覚め、今度は

『昭和初期くらいの昔にタイムスリップ、商店街みたいな所で髪を切ってもらっているが

現代のお金は持っていないので焦る、財布にある一円玉、十円玉で誤魔化せるか 心配している。』

あと、『大きな風呂に入ろうとしているが、なぜか上手くいかない』 という場面もあった。

 

ディスカッションに返答する

RSS

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約