12・20天竜川ファイナル・オープンコンタクト

イベントの詳細

12・20天竜川ファイナル・オープンコンタクト

時間: 10am から 5:30pmへの12 月 20, 2014
場所: 静岡県浜松市
携帯: 09072525395
イベント タイプ: オープンコンタクト
組織担当者: 古谷 茂
最新アクティビティ:12 月 18, 2014

Outlook や iCal (.ics) にエクスポート

イベントの説明

目的:GFLJのオープンコンタクト活動の総仕上げとして、これからの本格的な公式コンタクトに向かう幕開けの儀式を行う

日時:2014年12月20日(土) 10:00AM-17:30PM

日程:

9:50  ビジテルほんまち3Fロビー集合

10:00-12:00 研修会(浜松市内)

12:30-14:00 会食

14:30-17:00 オープンコンタクト(天竜川)

17:30 解散

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川の名前の由来

古くは麁玉川・広瀬川と呼ばれその後、天中川・天竜川と呼ぶようになりました。天竜とは天上の竜神のことで、竜神信仰からつけられたと考えられています。

http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/kasen/tenryuugawa/tenryuugawa.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川の名前の多くは、その地名からつけられます。しかし「天竜川」の名前は地名からではありません。古い書物によると、天竜川は奈良時代の頃には「麁玉川」 と呼ばれ、平安時代には「広瀬川」と呼ばれるようになりました。鎌倉時代には「天の中川」と呼ばれ、その後「天竜川」と呼ばれる ようになりました。
「天竜」はもともと「天流(アメノナガレ)」と読んでいたようです。これは天から降った雨が、峰から諏訪湖へ流れ出て、天竜川の流れとなることから、そうよばれていたのでしょう。
「竜」の字が使われたのは、水の流れが速く、竜が天に昇っていくかのように見えるというところからとか、天竜川の流れ出る諏訪湖の近くにある諏訪神社に祭られている竜神からきているという説もあります。

http://www.cbr.mlit.go.jp/tenjyo/think/tenryu.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント ウォール

コメント

12・20天竜川ファイナル・オープンコンタクト に返事をしてコメントを追加しましょう!

銀河連邦フォーラム に参加する

8:02am の 12 月 3, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

参加人数に関わらず実施します。

研修会場はこれから予約してお知らせします。

12:01am の 12 月 3, 2014 にある 朝次 のコメント

古谷さま

12月の3、4週の高速の雪の状況により行けるか分かりませんが、一応、浜松市の研修場所、所在地を教えててください。また参加人数が少数でも実施されるのでしょうか?

© 2020   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約